運気アップ・開運を望むならまずはここから(詳細)!

九星気学とは?

九星気学の仕組みを知ると楽になる一面があります。

九星気学の仕組みを知る、占いの仕組みを知れば、あなたの悩みにこの占いが合うかどうかも分かりやすいメリットがあります。

今回のテーマは、何が何だかさっぱり分からない人もいると思いますし、私自身も自分の世界がどういう風に認識されていたり誤解されているのかを整理しようと思ってます。

まあ、一番の理由は、そもそも私の九星気学・方位学の認識が世間とズレていないかどうかの確認のためです。

方位・方角を使う占いの違い

普通の人で引っ越しや旅行などの移動の方位が気になるとネットなどでいろいろと探します。

情報は山ほど出てきますが、何が違うのか分からないと思います。

片方では良いと言ってるのに、別の方では悪いと言っていることもあり混乱します。

占いの呼び名も同様です。

九星気学と言ったり、気学と言ったり、九星術と言ったり、方位術と言ったり、奇門遁甲(きもんとんこう)と言ったり、金環玉鏡と言ったり、日本製だとか中国製だとか、もうごちゃごちゃです。

占いの基準も様々で、どれが良いのか判断するのも大変です。

これらを整理するのが今回のテーマです。

結局、九星気学とは何?

まずは「九星気学」についてです。

私自身、九星気学「的」なところは使っていますが、その中でも「方位(主に移動を伴う出来事)」に特化して使っています。

九星気学の基準は全ての人と時間と行動を、九星(一白水星とかっていうあれね。血液型みたいなもんだ)に分けるというものです。

ただし、単純に9つだけではなくて、生年から出す本命星、生まれ月から出す月命星、生まれ日から出す日命星、そして、一定の法則に基づいて出す傾斜。

これらの組み合わせで「その人の性質や運勢を見極める」というのが九星気学。

方位はその中の一部。

九星気学と調べる、奇門遁甲と調べる、あるいはそれ以外の占いについても調べても、必ず出てくるのが「その占いが成立するまでの歴史」です。

占いの歴史は研究者以外は重要で無い

中国3000年の歴史の中で洗練されてきたと言われても役立たなければ意味が無いです。

だからこそ私はこれについてはどうでも良いと思ってます。

歴史の説明もとってつけたような感じがすごくします。

おまけに、調べれば調べるほど曖昧な部分が出てきます。

私の鑑定で最も重要なのは「占いから出てくる現実」ですので、曖昧な部分が増えてくると占いが成り立たなくなります。

現実はどうなの?

これが占いをする私には大切なモノです。

それに方位が気になる人にとっても、知りたいのは歴史じゃないはずです。

方位が気になる人にとって知りたいのは「結局、どれが良いの?どうすれば良いの?」ってことだといつも思ってます。

だから、そのヒントになるような部分を探すのも私の仕事です。

方位鑑定が出来る占いの違い

九星気学は九星気学、奇門遁甲は奇門遁甲、方位学は方位学と、中身は似ている部分も多いのですが、それぞれ独立した扱いになります。

方位学とは、私の認識は九星気学からの派生として理解しています。

方位学は九星気学の中から現代に合わせた方位の鑑定方法という感じ。

だから、この二つは近いです。

近いけれど、私の方位学の場合は、紫微斗数・西洋占星術・四柱推命・手相・風水との組み合わせ方位学となります。
※奇門遁甲をいろいろと調べてたら、本家中国では奇門遁甲+四柱推命など他の占術と組み合わせてやってるっていう話を見かけたので、私のたどり着いた方法は当然の帰結っていう感じ。

九星気学の大元は中国の「九星術」が日本に入ってきたときに、日本人がこれをベースにして新たに整理し生み出したのが九星気学になっている感じです。

九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものと、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称される。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星という。

引用:ウィキペディアより

九星術は九星を現しており、いわゆる暦としての役割を持たせ、そこに吉凶を明らかにしています。

そして、気学を作りだした園田真次郎はこれに加えて、物事の移動や現象を読み解いています。

ベースは易かな。

九星気学が最も得意とするのは、方位が関係する事象の解釈になります。

ただ、九星気学となると、対象者の資質を鑑定する、運勢を鑑定することも出来ます。

これは上でも書きました。

このため、占い師の得手不得手にもよると思いますが、運勢鑑定を中心にする占い師と方位鑑定を中心にする占い師に分かれると思います。

私はばりばりの方位鑑定寄りです(笑)

気学の「気」とは何を意味するの?

九星気学で出てくる「気」について、いろいろな説明がされています。

エネルギーだとか、宇宙だとか、自然だとか。

「気」は形がありません。気は誰もが持っているエネルギーです。心と精神をつなぐ線という考えもあります。また気は「大気」として宇宙に存在し私たちに命の息吹を与えてくれます。これら気・大気のあり方や方向性を占う運命学が気学です。
気学では気は大自然に満ち満ちた目に見えないエネルギーであり、宇宙の運行をつかさどりそれぞれの人々が生まれてきた年月日、時間を中心にして占う学術とされます。生まれた年月日の九星と地支(十二支)を基本とし、年月の周期的に廻る九星と地支を比較対照して人の総体的な一切の運命を予測、判断し悪い運命を避け幸運な運命を開く学術なのです。

引用:開運の方位学より

「気」とは、『黄帝内経』に「天より受けたものと穀気とを合わせて、体を充たすもの』つまり、天より受けたものとは、大地や空気中から受けたもの、穀気とは、食べ物から受ける気のことです。人から受ける「気」や、芸術、書物などの作品から受ける「気」などは、「天より受ける気」の部類に入ります。

引用:p69~p70 すぐに使える実践方位学 著 西谷泰人

「気」の説明はいろいろとされているのですが、大体上の感じで語られています。

私がたどり着いたのは、九星気学は「運気」に通じることです。

「気」というものを「運気」として捉えています。

運気そのものの理解は「全ての要素」という感じです。

自然も入るし、社会生活も入るし、そして自分自身も入ります。

その見極めのために九星気学は使えると判断しています。

また、九星気学はその組み合わせから運勢を読み解くことも出来ます。

たとえば、一白水星がどんな人という感じです。

相性判断を九星気学でやる場合は注意が必要

運勢を鑑定することが得意な紫微斗数や西洋占星術では当然ですが、メインだけで相性の善し悪しを占うことはないです。

九星気学ならば傾斜まで見定めて、双方の長短を整理した上で相性を出すはずです。

出すはずというのは、私は九星気学で相性鑑定はしないからです。

ただ、本命星だけの相性判断はプロの占い師ならやるわけないので、当たらずとも遠からずだと思います。

私の場合は九星気学で資質鑑定・運勢鑑定はやらないです。

九星気学よりも紫微斗数・西洋占星術の方が見通しやすいですし、それに手相が加われば随分といろいろと見えてくるためです。

九星気学は日本で形を整えられた占い

九星気学はいろいろと呼び方はありますが、基本的には日本で生まれた占い方法です。

その源流は中国の知識と日本にそれまで合った知識の組み合わせです。

だから、九星気学が中国で行われていた占いというのは違う可能性があります。

中国から基本が伝来されてきたっていう流れの方が近いです。

上の方で九星気学は運気を扱う占いとお話をしましたが、中国から基本が伝来してきているからこそ、こういう話になります。

中国の占い自体に運気論が存在するためです。

中国から伝わってきたものを占術に取り入れていれば、自然とこの運気論が入ってくるため、鑑定結果はその人の運気を見極めることに使えるのは当然と言えば当然です。

結局「九星気学って何?」となると、日本で形を整えられた運勢鑑定と方位鑑定を得意とする占いになります。

その基本には九星があり、暦と人間(それ以外でもOK)に当てはめられています。

時の流れ(暦)と九星の現象を読み解くことで運勢が見極められ、時の流れ(暦)と方位(行動)でその人の運気(吉凶)が見極められる、そんな占いです。

【関連するまとめリンク】
「九星気学・方位学の方位鑑定の基本まとめ」