運気アップ・開運を望むならまずはここから(詳細)!

凶方位に引っ越したい物件があるときはどうしたら良い?

大凶方位の受け止め方

吉凶方位が気になるのが引っ越す前か後か、引っ越しの物件を見つける前か後かで、その後の対処が随分と変わってきます。

吉凶方位が気になるのは、大抵が引っ越したい物件を見つけた後のことが多いですが、すると厄介なことが出てきます。

引っ越したい物件を見つけたときは、空き家か空き家になる予定、または新築物件の可能性が高いです。

今すぐ契約をするか、余裕があったとしても1ヶ月とかそれぐらいの契約が求められます。

引っ越し時期は多少先だとしても、賃貸や中古なら数ヶ月以内、新築の場合は1年後とかありますが、いずれにせよ「引っ越しの時期を変えるのは難しい」という状況です。

吉方位・凶方位は時期と方位の話なので、状況によってはその場所は数年凶方位ということもあります。

凶方位に引っ越しは止めた方が良いとなるのが通常の占いの結果です。

それならしょうが無いと思う事が出来る物件なら、他を探した方が良いかも知れません。

ただ、状況によってはその物件でも良いとお伝えすることがあります。

占いはいくつもの要素をそれぞれの占いで切り分けている状態です。

吉方位か凶方位かというのも、引っ越しという行動を一面を切り取って占っています。

一面ということは他の面もあるということです。

引っ越しの吉凶方位では凶方位だけど、その他の運勢や現実、物件そのものの立地などはどうなのかも占い上大事になります。

一面で悪いと出ているわけですが、これをきっかけに徹底して現状整理をしていきます。

その物件への引っ越しのメリットデメリットを挙げていきます。

引っ越したいというぐらいですから、メリットの方が多いように見えますが、意外に目をつむっているデメリットもあります。

それらをあらためて引き合いに出し、「最悪の状況でも引っ越した方が良いかどうか」という条件付けをしてみます。

大きな選択・大きな節目の時に「凶」と出ている場合、総合的に分析をしていく必要があります。

単純に「凶だから止める」という選択が取れるなら、それはそれで良いと言えます。

凶を避けていく選択は賢い選択だからです。

でも、避けられない凶もありますし、凶であってもそれ以上に求めるものがある場合も存在します。

こういう場合に必要な事はその家に引っ越しをする事で何が変わるかです。

更に凶方位という場合は、凶方位の影響度合いも見ていきます。

全体を分析していって、「これなら引っ越した方がメリットが大きい」となれば、凶方位でも引っ越していけます。

もちろん、出来るだけ穏やかなタイミングを選ぶようにしますし、凶方位の流れを多少とも違う影響を入れ込めるようにしていきます。

でも、ここまで考えても引っ越しをした方が良いとなるなら、凶方位であっても引っ越しOKです。

吉凶方位占いに限りませんが、何かで悪いと出たとしても、それをシグナルとしてとらえ、一度全体を見直すと良いです。

その結果でどうするか選択をしていけば良いです。

凶方位だからというだけで取りやめる必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました