運気アップ・開運を望むならまずはここから(詳細)!

占いで選ぶよりも占い師で選んだ方が当たりやすい

当たる占い・有名占い師

占いはものすごくたくさんの種類があります。

私が専門でやっている方位鑑定ですらたくさんの種類があります。

それ以外にも運勢を鑑定する西洋占星術や四柱推命、紫微斗数、算命学・・・

手相や人相、姓名判断

タロットや易など、ジャンルも種類も山ほどです。

自分が良いなと思う占い師を探した方が良い

占いの種類で探すよりも占い師で探した方が良い結果になる可能性が高いです。

占いで探すとは「恋愛で悩んでるのですがタロットで占って貰えませんか?」という相談の仕方が占いで探すということです。

相談事に対して、相談者が占い方法を指定しています。

私はこれをオススメしていません。

占いの仕組みをよく知らない人が、自分の相談について自分で限定してしまっているからです。

本当はその相談には違う占い方法が適している場合があるかもしれません。

その占い師さんでは占う事が出来ない内容の場合もあります。

そういう見極めを普通の人は出来ないからこそ、占いの種類で占い師さんを探すのは効率が悪いです。

占い方法で占い師さんを探して相談するのが普通?

タロットで良い占い師さん、西洋占星術で良い占い師さん、手相で良い占い師さんという感じで占い師さんを探すことが普通かもしれません。

でも、実際には気になる事や不安なことがあっていろいろと探している間に「占いの種類では無く占い師さんを選んで見て貰う方法もあるのでは?」と私の所にたどり着く方の方が多いです。

占いを受ける理由は「相談事を解決したい」ということだと思うのですがどうでしょうか。

私ならお金を払って相談するのですから、自分にとって一番良い選択を取りたいです。

私が占って貰うなら、占い方法をコチラから指定するのではなく、自分がお願いしたいと思う占い師さんに全部任せます。

私が占って欲しいと思う占い師さんなのですから、今感じている不安や相談事に対して一番良い答えを見つけてくれると思うからです。

私は占いをやりますが、私が選んだ占い師さんに私の相談内容をベストの状態で占って貰いたいので、何も指定しません。

良い占いをしてもらい良い答えを貰うには、コチラが占い方法を指定するのではなく、お願いしたいと思う占い師さんに任せるのが一番良いです。

プロの占い師ですら「相手にお任せする」

私は占いで占い師を探すよりも、自分が良いなと思う占い師を探した方が効率が良い上に、当たりやすく、しかも安心出来るメリットもついてくると思っています

私の周りの占い師さんの話を聞いてもやはり同じで、占って貰う時は相手に全部任せます。

それぐらい相談をする時には占い師さんの選び方が大事になるということです。

どんな占いを使うかでは無く、どんな占い師さんに占って貰うかです。

言われてみれば当たり前の事なのですが、どんな占い方法であったとしても、それを扱う占い師さんの技量で結果が変わります。

同じ事を同じ占い方法で占っているのに結果が全然違うことがあります。

いえ、結果自体はそれほど変わらないのかも知れません。

しかし、その伝え方・解釈によって相談者の受け止め方が全然違います。

同じような結果なのにA占い師さんの鑑定結果は受け入れがたく、B占い師さんの鑑定結果を素直に受け止められるのもここに違いがあります。

良い占い師さんをどうやって見つける?

どうやって探すかですが、これが難しいです。

最初は関心があるというか、目についたジャンルから探していくというので良いと思います。

あるいは最初から「相談事」でネットを探していくと、占い師さんのブログなどにぶつかる事もあります。

私に相談される方のほとんどがネット検索でたどり着いています。

何かが気になってあれこれ検索をしていく内に目に止まる感じです。

または、他の占い師さんに鑑定を受けた後、「他に何とかならないのだろうか」という感じでネット検索をされますケースも多いです。

昔と違って今はネットでとりあえず検索をするケースが多いので、こういう流れになります。

こういう探し方のほうが当たる占い師さんを見つけやすいということでもあります。

どうしたら良いのだろうで検索しているときは出口を探している

今の状況を何とかしたくて、何とかならないだろうかと探すときは、自分だけではどうにもならなくなっていることが多いです。

いえ、どう転がっても自分で何とかするのですが、「どうして良いか分からない」という感じです。

自分が気になっている事、不安に感じていることをネット検索することで、必要な情報が集まってきます。

悩んでいる事=相談内容になりますが、これが悩んでいる事=当たる占い、となるとおかしな話になります。

占い師を探すときに当たる占いを探すのは当然なのですが、当てるのは自分自身であって、当たる占いがあるわけじゃないということです。

最初にお話をしましたが、占いには山ほど種類があります。

そのどれもがそれぞれの歴史を持ち、現実の中で鍛えられ残っています。

どの占いの話を聞いても「当たりそう」と感じやすいのは、生き残ってきているからです。

有名な占い方法だから良いとか、無名だからダメだとかそういうこともありません。

全ての占いが同じ事を扱い、全ての占いに違いがあります。

このため下手に占いで探していくと土ツボにはまります。

占い師は自分の関心のある占いを勉強している

大事なのは占い方法では無く「誰に占って貰うか」です

最終的に「この占いは良いな」と思う占いが、その占い師さんの中に残っていきます。

一つだけの占いをずっとやっている人もいれば、いくつもの占いを使っている人もいます。

良いなと思っていても使わなくなる占いもあります。

私の場合はその必要性からタロットを取り入れていましたが、今はほとんど使いません。(今でも「どうなる?」という内容にはタロットを使います)

タロットを使わなくても分かる事がたくさんあるため、タロットを使う必要性が出てこないからです。

私は一つの事を鑑定するのに複数の占いを併用するやり方をとっています。

昔は、この中にタロットが入っていましたが、私が欲しい情報が他の占いで満たされるため、結果的に使わない感じです。

特によく使う、西洋占星術・紫微斗数・四柱推命・九星気学は同じジャンルの占いです。

この中の1つの占いだけでも十分です。

それなのに4つの占いを使っているのは、それぞれが得意とする切り口が違うためです。

相談の内容によって得意とする占いが変わる

上に挙げた占いの一つを深掘りすれば、相談内容がどんな形であれ、それなりに鑑定していけます。

そういうやり方もありますが、私の場合は違う占いを使うことで、必要なことを浮き彫りにしていくことを得意とするため、複数の占いを併用しています。

こういうのは「相談特化型の占い」(私の造語)という感じです。

相談の内容に合わせて占い方法を変えていくため、必要な答えを引き出しやすくなります。

どんな占いを使ったとしても占いは出来ますので、「この相談を西洋占星術で鑑定して貰えませんか?」と言われれば鑑定出来ます。

しかし、私が思う鑑定の質に届かない場合、西洋占星術だけを専門にしている占い師さんに相談した方が良いとオススメしています。

占い師が求める鑑定結果の質は人それぞれ

占い師によって「このぐらいの鑑定結果内容が欲しい」という質が違います。(相談者が求めるレベルでは無く、占い師が求める質です)

手法は様々で求めているところも違います。

相談者が占い師よりも占術の方を優先している場合、それを重視している占い師さんを探すのが一番確かです。

タイトルにした「占いで選ぶよりも占い師で選んだ方が当たりやすい」というのは、相談を解決したい人向けのお話です。

「当たる=相談に見通しがつく」という意味です。

ただし、占い方法で占い師さんを探す場合でも、やっぱり合う占い師さん合わない占い師さんっていうのが出てきます。

一つの占いを深掘りしていくやり方は占い師さんによって全然違いますし、何を重視するかもやはり違います。

一つの占いだけを使う占い師さんでも、占いより人柄で選ぶ

相談の内容によってはメインとなるテーマが違います

一つの占いだけの場合でも、占いで選ぶと言うよりは占い師で選んだ方が良いです。

ただ、ちょっとだけ前提条件が違っていて、最初に占い方法を限定して占い師さんを探します。

見つけた占い師さんの中で「この人良いな」と感じる人を選んでいきます。

占い方法を限定する場合は、その占いの話しかしない占い師さんを探すと見つけやすくなります。

悩み事で占い師さんを探すのか、占い方法で占い師さんを探すのか、一番大事なことは「占いに何を望むかをはっきりさせること」です。

ここがぶれると良い出会いはなかなか生まれないです。

タイトルとURLをコピーしました