凶方位が全てが悪くなる事は無いし、吉方位で全てが良くなる事も無い。占いと現実の結びつきがはっきりすると、今よりも不安が解消され幸せがやってくる

九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する

九星気学

大殺界や天中殺、空亡や厄年などが気になるときはどんな占いを受けると良い?

投稿日:




年の変わり目に来て、来年の運気や運勢を気にする人も増えてきました。

運気や運勢を気にする人は気にしますし、それが「悪い」となればなおさらです。

でも、気にしない人は全然問題無いです。

気にする必要の無い時期にあるとみるためです。

それに気にしようが気にしないでいようが何かが変わるわけではありません。

「大殺界や天中殺、空亡や厄年などが気になるときはどんな占いを受けると良い?」のまとめ

本文が長いので最初に簡単にまとめました。

ここでのお話は運気・運勢が下がる時期が問題なのでは無く、自分に合った時期に合わせて準備をすることが大事だよっていうお話です。

どんな占いでも大体似たような時期を示すのは、その人自身を占っていることには変わらないからです。

となれば、占いから出てくる時期よりも、現実に起きていることの方が重要になります。

現実と占いの時期を合わせていくことで、今どうしたら良いかが明確になってきます。

大殺界や天中殺、空亡や厄年などが気になったとしても、行き着くところは「今やろうとしている事、今悩んでいる事をどうしたら良いか」だと思います。

そこに気がつけないと、同じ所をぐるぐる回るかも知れないですよっていうお話です。

それでは本文をどうぞ。



運気や運勢が良いときはいろいろと良い感じになりやすく、悪い時は悪くなるだけのことです。

運気や運勢が良いときはいろいろと良い感じになりやすく、悪い時は悪くなるだけのことです

占いはその時の「時の流れ」を事前に知り、じゃあ、どうしていったら良いかというために使うのであり、時の流れを変えることが出来るわけでは無いです。

占いに限らないのですが「何かを変えていく」というよりは、自分が望むこと、自分の周りの状況、それらを知り、過去・現在から分かる「自分にあった」未来への選択をしていくのが、一つの人生のあり方かなと。

占いはそれを知る一つの手段です。

無いものをあるようには出来ないですし、あるものを無いようには出来ないのですが、その時々で、その時々のあなたに必要な事を教えてくれます。

ここからが本題なのですが、大殺界や天中殺、空亡や厄年、陥入など衰運期のように扱う言葉はいくつもあります。

怖い言葉はたくさんあるのですが、意味していることは「同じ」です。

それぞれに意味する時期は多少前後するでしょう。

でも、全く違う時期を表すことはまれです。

多かれ少なかれ同じような時期を指しています。

重なるといっても、年単位のずれがあります。

しかし、それでも大体似たような時期をさすのは「同じ人を占うから」です。

占い方法はたくさんありますが、生年月日を基準にする、手相などを基準にする、そのどれをとっても同じ人を占っていることには変わりがありません。

その結果、大体似たような感じになるのです。

カレーライスみたいなモノです。

カレーライス一つとっても、味も種類もたくさんあります。

でも、カレーという一つの基本は変わりません。

カレーが変わらないように、あなたも変わらない、だから占いの種類によって結果の違いはあっても全然違うわけじゃ無い。

まあ、強引に思われるたとえで申し訳ないのですが、この理解が占いを受けるときにはめっちゃ大事になります。

根本的に占いでその人の全てが分かることは無く、結局のところ分からないところばかりです。

人を理解するために、様々な手法の占いが生まれ、それに合わせて使いこなす占い師が生まれている、そういう流れがあります。

お伝えしたいのは、ぶっちゃけ「占いは何でも良い」ということなんです。

大殺界が良ければそれで良いし、天中殺なら天中殺、空亡なら空亡、厄年なら厄年、大殺界で天中殺でっていう感じの複合でも構いません。

あなたにとって「その基準が重要と思うかどうか」です。

「どれが当たるんですか?」という人は占い師に騙されやすい人なので、まあ、占いから離れた方が良いと思います。

きっと不安になるばかりで大変だと思いますがどうですか?(笑)

私はあまりこういう運気・運勢的な上下は気にしないです。

大殺界・天中殺・空亡・厄年でも何でも良いのですが、それだけでは意味をなしていません。

大殺界・天中殺・空亡・厄年でも何でも良いのですが、それだけでは意味をなしていません

「時期を知る」というのは、「その時期をどういう風に受け止めれば良いか」という意味です。

「何かをしたらダメ」という意味では無いということです。

よくあるのは何かをしようとして始めた後に「時期が悪い」ということを知るパターンです。

家を買おうと手続きを進めていたら、大殺界だったとか、厄年だったとか、そういう感じです。

でも、家を買うということと、衰運期は直接繋がりません。

衰運期だから家を買ったらダメだって事じゃ無いという意味です。

家を建てることだって同様です。

就職でも、結婚でも同じ。

時期を知ることと、何かをやること事態は直接に繋がりません。

じゃあ、何が繋がるのかというと、時期を知ることで「今求めている事の状態を知る」ということに繋がります。

たとえば運気・運勢が下がる時期に家を建てようとしているとします。

最初に大事なのは、運気・運勢の「何が」下がろうとしているのかです。

運気・運勢にはそれぞれいろいろな役割があり、衰運期でその全てが下がるわけではありません。

きっかけとなる、あるいは重要となるポイントがあります。

その部分と家を建てようとしている現状を比較していきます。

すると、運気・運勢が弱い部分を突くように、家を建てるところでも問題が隠れていることがあります。

具体的にいえば、あまりお金を掛けない方が良い時期となっているのに、想定外にお金が掛かっていて当初の1.5倍になっているとかです。

これは要修正ですよね。

想定外にお金が掛かっていたとしても、当事者は「必要だ」と思っているからそれを見込んでいるわけです。

しかし、時の流れ・当事者・現実をすり合わせていくと問題点が浮き彫りになり「やばい」ということが分かります。

そこを修正すれば上手に時の流れに合わせていけますので、問題は起きにくいです。

問題は運気・運勢が良くてもおきます。

問題は起きるモノなのですが、大事なのはその問題を深刻化しないで済むように出来るかどうかです。

ここまで整理してくると分かるのですが、「時期」というのはその呼び名が大殺界であろうと、空亡であろうと、天中殺であろうと、それこそ厄年であろうと何でも良いのです。

ここまで整理してくると分かるのですが、「時期」というのはその呼び名が大殺界であろうと、空亡であろうと、天中殺であろうと、それこそ厄年であろうと何でも良いのです

どれが当たっているかは気になると思いますが、どれか一つでも当たっていれば、他の占いでも大体当たります。

だって、似たような結果なのですから(笑)。

多少時期がずれるぐらいのものですし、後は占い師の力量によります。

でも、まあ、大事な時期は何故かどの占いでも重なるんですけどね。

となると、大事になってくるのは今が大殺界なのか、天中殺なのか、空亡なのか、厄年なのかということではなく、「今求めている事、今置かれている現状は、あなたにとって良いのかどうか」を明らかにすることです。

運気や運勢の流れを見るとき、どの占いを使ったとしても大体似たような時期を表すとお伝えしました。

特にそれが重要な時期の場合は重なりも大きいです。

だからこそ、ポイントは時期では無く、「何を悩み、何をしようとしているのか」です。

大体は早いか遅い、あるいはズレているというところに収まってきます。

そこを修正していくことで、より良い状態を導き出し、現状を良くしていきます。

これは「どの占いでも出来る事」です。

西洋占星術だろうと四柱推命だろうと、タロットだろうと手相だろうとです。

私の鑑定の中では運気・運勢が悪くなる時期とお伝えすることはまずありません。

だって「なに」の部分が抜けていたら、それは自己満足にしかならないからです。

今は運勢が悪いですよって言われたら、言われた方も「運勢がわるいのか~」となんとなく納得してしまう。

そんな占いならやらない方がマシです。

運気・運勢が下がるのが怖いなら、「その怖さが自分に合っているのかどうか」という確認が必要です。

大殺界が怖いなら、その怖い時期の現実はどうだったかという検証が重要ですし、大殺界に限らず何でも同じです。

もちろん、これは悪い時期に限らず良い時期にも言えます。

これが当たる占いとの出会い方です。

誰しも良い時と悪い時を実感としてもっています。

あのときは良かったな~というとき、あのときは悪かったな~というときです。

私はこれに占いを当てはめていく作業を最初にします。

そうすることで、現実と占いとの誤差を調整出来るからです。

良かった悪かったは、全て過去の話です。

過去の出来事を占いにすり合わせていくことで、未来が明らかになります。

過去の出来事を占いにすり合わせていくことで、未来が明らかになります

大殺界時期で大変っていうけど実際はそうじゃ無いよって事もあれば、「うん、確かにこの時期はきついので、こういうことを注意して」ということもあります。

大殺界・天中殺・空亡・厄年などが重要なのでは無く、あなたの現実と照らし合わせたとき明らかになることが重要ということです。

これが分かると、どうしていったら良いかも分かりますし、その先の未来も明るいです。

こういう風な占いの受け方もあれば、「衰運期(大殺界・天中殺・空亡・厄年など)なのでどうしたら良いでしょうか?」と相談される場合もあります。

これはそれぞれジャンルが違うので、そのジャンルに合わせて占い師を探し、相談するのが一番です。

でも、それではたぶん悩みは解消しません。

大抵の悩みは「時期」に悩んでいるのでは無く、本当に家を買って良いのだろうか、引っ越して良いのだろうかという「自分の選択」に悩んでいることが多いからです。

悪い時期だからダメって言われても修正のしようがないことの方が多いです。

そういうときに必要になるのは「どうしたら良いか」という出口を見つける事。

そこに気がついたら、占いに合わせて相談しようとするところから、悩みに合わせて相談するようにしてみると良いです。

結局、一番大事になるのは現実ですので、現実が良くなっていけばそれでOKです。








-九星気学

Copyright© 九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する , 2018 All Rights Reserved.