運気アップ・開運を望むならまずはここから(詳細)!

日盤吉方位・日盤凶方位、占い師と普通の人では見方がかなり違う

日盤吉方位・凶方位

日盤の吉方位取り・日盤の凶方位の怖さなどは、あまり重要ではありません。

世間はどうか知りませんが、少なくとももっと重視するところがあります。

それが「偶然に選んだ方位」です。

偶然が最もその時の運命を暗示しているかもしれないからです。

もともと九星気学や方位学などは、扱う方位盤によって方位の影響に違いがあると考えています。

年盤が一番影響が強く、時盤が一番影響力が弱いと見ます。

これは一般論。

方位の相談で「吉方位を教えてください」「旅行に良い時期を教えてください」という人がいますが、私は「その探し方は止めた方が良い」と言います。

占いは常に現実の鏡です。

現実があるからこそ、初めて占いが機能します。

方位(占い)が先に来ると、思考がおかしくなっていきます。

占いを優先すると変な選択をし始める

「吉方位が現状を良くしてくれる」と考え始めてしまうと、吉方位を生活以上に重視し始めます。

このため「吉方位を教えて欲しい」という相談は、危うい状態だと思いながら対応を考えています。

本来、精神的なバランスの取れていると「ここに行きたいのだけど」と具体的な話が出てきます。

そうなっていないため危ういと思うわけです。

日盤の方位などは普段は全く気にしなくて良いです。

気にしても良いことは無いし、逆にとらわれて精神的に辛くなることもあります。

普通の人は普段は気にしなくて良いのが日盤方位です。

でも、なんだか気にされるんですよね。

日盤を気にする必要性が少ない理由

日盤方位の相談のほとんどは「気にしなくて良いレベル」です。

私が日盤方位の鑑定依頼を受けたときは、方位を見る前に相談内容を聞きます。

それは「どこに何をしに行こうとしているのか?」という目的を聞くことです。

日盤方位程度ですから、相談内容も普通はたかがしれています。

ほとんどの場合「好きにしたら良い」で終わります。

本当に気にする必要性がないのです。

細かいことを気にしすぎて相談してみようと相談されるのですが、気にしなくて良いレベルです。

「気にしなくても良い」というお墨付きをお渡しするのも私の仕事です。

ただし、相談内容によっては「それちょっと気をつけた方が良い」となることがあります。

相談者と占い師では大事にするポイントが違う

相談される方が気にしていることと、占い師が大事だと思うことが違う

何を気をつけて何をスルーすれば良いのかの判断を相談者は区別が付かないと思います。

以前相談された内容で「病院に行くのだけどどうでしょうか?」という相談がありました。

普段なら好きにすれば良いレベルの話です。

しかし、この件は検査結果を聞きに行く目的がありました。

しかもいろいろと背景のある気になる検査結果でした。

いくつか予定を聞いたのですが、どれもこれもダメな方位でした。

一方で私が提示する日程は、これまたどれも難しい、無理をするしかない感じでした。

これは良い流れとは言えません。

今やろうとしている事が未来を暗示している

私が重視するのは「日盤そのもの」ではなく、その人の置かれている状況、進もうとしている未来、望んでいる事、そして予定の状況、変更の可否まで見ていきます。

そこまでお聞きした上で、ようやく「方位」を見ます。

ここまで状況が分からないと、目の前の日盤の吉凶が何を表しているかがはっきりしないからです。

普通はやろうと思っても難しすぎますし、ここまで考慮せずに自分で判断をするなら、やっぱりやらなくて良いって話になります。

占い師は全体を把握した上で一つの現象を見ていくので、違和感があると明確になります。

その結果、今回の相談については「気をつけた方が良い」、出来れば予定を変えてと言いました。

病院の結果が方位を選んだくらいで変わるなら苦労はありませんが、これだけごちゃって感じになると結果も気になります。

日盤程度の影響で検査結果が変わるわけではなく、違う部分に影響をしていると見ます。

日盤は結果よりも過程に影響を与える

この方は当初の予定通り病院に行って帰ってきて報告をしてくださいました。

めっちゃ辛かったそうです。

病院に行くまでは順調だったそうですが、担当の先生が以前とは変わり、知りたい事が知れず、結果的に消化不良のような感じで帰ってきたとのことでした。

この病院じゃなくて他の病院でも良かったのではと後悔をしていたぐらいです。

これが日盤の影響力という感じですし、ご本人にもそのように伝えました。

タイミングが悪いということです。

担当の先生が誰になるかはその時にならないと分からない=タイミングを変えれば違ったかも知れない、そういった可能性を今回は見せてくれました。

現状を踏まえて日盤を見ると未来が見えてくる

占い師が見えている世界は違うから、占い師の言葉が大切になることがある

普通の人が考える日盤の状況と私が見ている日盤の状況は見るポイントが根本的に違うことから、占い師が「なんか、やばい流れだな」と感じるかどうかが大事になります。

これが占い師が日盤を見るのと、普通の人が日盤を気にするのとでは違うという意味合いです。

日盤は影響が小さいのは確かなのですが「そこに至るまでの積み重ね」「そこにたどり着くまでの状況」があります。

普通の人でもここまで見ることが出来るなら、日盤を気にしても良いかな~って思います。

でも、ここまで意識するのは普通は面倒なので、私ですら普段は気にしないです。

これは日盤吉方位の取り扱いでも同じで、普段は気にしても大した影響はありません。

それは「日常の延長線上」だからです。

吉方位・凶方位と意識しすぎると生活が狂う

日常で吉方位や凶方位を意識しすぎると社会生活が破綻しかねないです。

実際、今日は方位が悪いのでという方に会ったことがありますが、あまり幸せな感じではありません。

占いを活用出来れば幸せを実感しやすいのですが、占いにとらわれると「しなければならない思考」になりがちで、見ている方も辛いです。

もちろん、そういう幸せもあると思うのですが。

日盤吉方位を意識するなら、私なら温泉を一番オススメします。

釣りなどが好きな人なら、川釣りや海釣りなどでも良いでしょう。

自然の中にどっぷり浸かるのが一つのポイントです。

効果のあるなしは仮説と検証の結果

日盤の扱いなど方位を扱うときに必要なことは「何を目安にして判断しているか」です。

パワースポットが気になる人はパワースポットで良いです。

ただし、あれもこれも気にしてしまうと「何が影響しているか」が分からなくなります。

占い師は仮説と検証を重視するため、何がきっかけになっているかをはっきりさせようとします。

そうすることで、自分にとって目安に出来るものを見つけ出していきます。

何でも取り入れているように見えて、そこにはちゃんとした基準がある、だからこそ占いをやっていけているわけです。

日盤を使うときは「非日常の中で使う」ということが大事な理由もここにあります。

検証の結果、このタイミングで方位を使うと良いという目安がある

このタイミングで使うと方位の影響を実感しやすいという検証の結果がある

非日常をオススメするのは非日常の方が方位の影響が分かりやすいからです。

特に日盤吉方位については、ポイントを絞って意識して運気を上げることによって、ようやく多少は影響を実感出来るかなという感じです。

あくまで多少であって、これが軸になることはありません。

非日常といっても大きな非日常では無く、1日程度の非日常だからこそ日盤を使うわけです。

こうやって整理をして見ると、こまごまと日盤を気にする必要性が低いことも分かりますし、逆に日盤を「しっかりと意識した方が良い」というタイミングも見えてくるわけです。

そこで出てくるのが「偶然性」です。

たまたまこの日にした、あるいはこの日にしか出来なかった、これがやろうとしている事の運気であり未来です。

吉方位・凶方位を使えば何故今のような状態になっているかが分かる

今どんな状況にあるかを知るためには、そこに至る経緯、重要性、現状、今後の予定などに加えて、その人自身の置かれている状況、受け止め方、求めている事、そして、運勢と運気を鑑定に加えていきます。

ここまでやって初めてこの偶然性の意味が見えてきます。

日盤凶方位だからだめとか、日盤吉方位だから良いとか、そういう次元ではありません。

でも、そういう次元じゃないから「日盤でも使える目安になることがある」ということです。

普段は気にしなくて良いというのが何となく伝わったでしょうか。

気になった時は占って貰った方が精神的にも不安が少なくなります。

【まとめ】日盤吉方位取り・凶方位の影響の受け止め方・活用の仕方のまとめ

タイトルとURLをコピーしました